• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 無効  1項2号刊行物記載(類似も含む) 無効としない J7
管理番号 1124377 
審判番号 無効2003-35380
総通号数 71 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 意匠審決公報 
発行日 2005-11-25 
種別 無効の審決 
審判請求日 2003-09-09 
確定日 2005-09-29 
意匠に係る物品 輸液バッグ 
事件の表示 上記当事者間の登録第1107140号「輸液バッグ」の意匠登録無効審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 本件審判の請求は、成り立たない。 審判費用は、請求人の負担とする。
理由 第1.請求人の申し立ておよび理由
請求人は、第1107140号意匠(以下、「本件登録意匠」という)の登録を無効とする、審判費用は被請求人の負担とする、との審決を求める、と申し立て、その理由として審判請求書に記載のとおりの主張をし、証拠方法として、甲第1号証乃至甲5号証の書証を提出した。
その主張の概要は、以下のとおりである。
(1)本件登録意匠は、実質的に同一な次の2つの出願前公知意匠に類似し、意匠法第3条第1項第3号の規定に反して登録されたものであるから、同法第48条第1項第1号により無効とされるべきものである。(以下、「無効理由1」という。)
〈1〉甲第1号証
日本包装学会誌Vol.4No.1(1955)第49頁Fig1、及び第50頁Fig2
〈2〉甲第2号証
「オーツカCEZ注-MC1gキット」のカタログ(1998年6月)
尚、甲第1号証及び甲第2号証を併せて以下引用意匠1という。
(2)本件登録意匠は、上記甲第1号証または甲第2号証(引用意匠1)に、甲第3号証(特開平10-15035号公開公報図1に示す意匠)を組み合わせることにより、当業者なら容易に意匠の創作ができたものであるから、意匠法第3条第2項の規定に反して登録されたものであり、意匠法第48条第1項第1号により無効とされるべきものである。(以下「無効理由2」という。)
第2.被請求人の答弁及び理由
被請求人は、結論同旨の審決を求めると答弁し、その理由として答弁書に記載のとおりの反論をしたものである。
第3.当審の判断
1.本件登録意匠
本件登録意匠は、平成12年6月20日に意匠登録出願し、平成13年2月23日に設定の登録がなされたものであって、願書の記載及び願書に添付した図面によれば、意匠に係る物品を「輸液バッグ」とし、その形態を願書及び願書に添付した図面に記載されたとおりとするものである(別紙第1参照)。
すなわち、主な形態を、(A)下端部中央に抽出口栓を設け、袋部全体を薄いシート状の略縦長隅丸長方形状とし、シール部により上半部に薬剤収納室を、下半部に溶解液収納室を区分けして一連に設けた構成の輸液バッグであって、(B)一連の袋部(注出口栓及びアルミラミネートシートを除く)を左右対称の正背面を同形状とし、全体の外周形状を、上辺左右を隅丸状とし、下辺中央横幅1/2程の水平部から上方へ左右になだらかな斜辺を描き、角部を隅丸状とし、左右側辺中央稍下寄り部に稍浅い台形状の切り欠き部を設けたもので、熱溶着シール部は、(C)上半部の薬剤収納室を、縦長隅丸長方形下方の左右両隅を内側に、外周台形切り欠き部斜辺とほぼ並行に傾斜させた逆台形状とし、その周りをシール部としたもので、上部シール部は幅広帯状とし、その中央に吊り下げ用の小円孔を穿ち、左右側辺部シール部は細幅帯状とし、傾斜部シール部はやや幅広帯状とし、下部シール部(上下収納室境部シール部)はその傾斜部シール幅の半分程の幅の帯状としたもので、(D)下半部の溶解液収納室を薬剤収納室より縦幅の長い(内容量の大きい)略縦長隅丸長方形上方の左右両上隅部を内側に、外周台形切り欠き部斜辺と略並行状に傾斜させた台形状(薬剤収納袋の下部傾斜角よりやや傾斜角が急)とし、下部を左右両側から中央下へなだらかな傾斜状とした形状とし、その上下部をシールした(左右側部はシール部なし)もので、シール部下部を細幅帯状とし、上部左右傾斜部シール部を下部シール幅の倍弱幅の帯状とし、境部シール部の内側の細幅シールを弱シールとし、それ以外のシール部を強シールとしたもので、(E)正面側上部吊り下げ用小円孔下あたりから中央部までを外形状とほぼ同形状のアルミラミネートシートで覆ったものである。
2.無効理由1について
請求人は、本件登録意匠は、引用意匠1(甲第1号証及び甲第2号証)(別紙第2参照)と類似するものであるから意匠法第3条第1項第3号に該当すると主張するので、以下、検討する。
まず、請求人は引用意匠1として甲第1号証及び甲第2号証を挙げ、両意匠は実質的に同一とするので両意匠を対比すると、甲第1号証に記載のFig.1,2の意匠を「オーツカ・マルチ・チャンバーバッグ」とし、甲第2号証の「オーツカCEZ注-MC」のMCをマルチチャンバーとしていること、また、両書証の図と写真版が中央シール部と上部シール部の縁取り形状が異なるため同一とは言えないが、その点以外はほぼ共通することから、請求人が主張するようにほぼ実質的に同一に近いものとするが、当審では写真版等が稍図より大きく、掲載数が多いことから甲第2号証に表された意匠と本件登録意匠と対比して検討することとする。
そこで検討するに、
(1)本件登録意匠
本件登録意匠は前示のとおりの構成態様である
(2)甲号意匠
請求人が引用意匠1の1意匠とする甲第2号証の意匠(以下甲号意匠という)は、その書証の最終頁右下に1998年6月作成とあることから、本件登録意匠出願前に公知となった輸液バッグの意匠であり、その形態は刊行物(カタログ)「OnePush オーツカCEZ注-MC」(1998年6月発行(作成))赤矢印の輸液バッグ及びその他頁の輸液バッグ(頁数字不記載のため不明)掲載の意匠であり、その形態は同図版及び写真版に示されたとおりとするものである。
すなわち、その主な形態を、(ア)下端部中央に抽出口栓を設け、袋部全体を薄いシート状の略縦長隅丸長方形状とし、シール部により上半部に薬剤収納室を、下半部に溶解液収納室を区分けして一連に設けた構成の輸液バッグであって、(イ)一連の袋部(注出口栓を除く)を左右対称の正背面を同形状とし、全体の外周形状を、上辺左右両角部を隅丸状とし、下辺左右両角部を稍大きな隅丸形状としたもので、熱溶着シール部は、(ウ)上半部の薬剤収納室を、正方形に近い隅丸長方形状とし、その周りをシール部としたもので、上部シール部は幅広帯状とし、その中央に吊り下げ用の小円孔を穿ち、左右側辺部シール部は細幅帯状とし、下部シール部(上下収納室境部シール部)はその左右幅の倍強の帯状としたもので、(エ)下半部の溶解液収納室を、薬剤収納室より縦幅の長い(内容量の大きい)略縦長隅丸長方形の下部を左右両隅丸形状から中央下へ緩やかな傾斜状とした形状とし、その周りをシールしたもので、左右側辺部シール部は上半部と同様の細幅帯状とし、下部シール部を左右細幅より幅広帯状とし、境部シール部を下部シール幅より稍幅広の帯状とし、該書証には明確な記載がないものの「手で押して隔壁を開通させる」とあることから、上下室の境目シール部の内側の細幅シール部を弱シール部とし(写真版参照)、それ以外のシール部を強シール部としたものである。
(3)本件登録意匠と甲号意匠との類否について
本件登録意匠と甲号意匠とを対比すると、両意匠は、意匠に係る物品が共通し、その形態について以下に示す共通点及び差異点が主として認められる。 すなわち、共通点として、両意匠は、(a)同様に下端部中央に抽出口栓を設け、袋部全体を薄いシート状の略縦長隅丸長方形状とし、シール部により上半部に薬剤収納室を、下半部に溶解液収納室を区分けして一連に設けた構成の輸液バッグであって、(b)一連の袋部(注出口栓及びアルミラミネートシートを除く)を左右対称の正背面を同形状とし、全体の外周形状を、上辺左右を隅丸状とし、下辺左右角部を隅丸形状とした基本的な構成態様とした点、具体的には、熱溶着シール部(c)上半部は、薬剤収納室の周りをシール部としたもので、上部シール部は幅広帯状とし、その中央に吊り下げ用の小円孔を穿ち、左右側部シール部は細幅帯状とした点、(d)下半部溶解液収納室は、薬剤収納室より縦幅の長い(室内容量の大きい)略縦長隅丸長方形の下部を左右両隅丸形状から中央下へ緩やかな傾斜状とし、その上下部をシールしたもので、下部シール部をやや幅広帯状とし、上部シール部を下部シール幅とほぼ同幅の帯状とし、上下収納室の境部シール部の内側の細幅シール部を弱シール部とし、それ以外のシール部を強シール部とした点、が認められる。
一方差異点は、(あ)本件登録意匠は、一連の袋部の左右側辺中央稍下寄り部に同形の稍浅い台形状の切り欠き部を設けたのに対して、甲号意匠にはそのような切り欠き部を設けていない点、(い)本件登録意匠は、袋部下辺形状を中央横幅1/2程の水平部から上方へ左右になだらかな斜辺を描き、角部を隅丸状としたのに対して、甲号意匠は、下辺中央横幅1/2強の水平部から左右角部の稍大きな隅丸状に繋いだ形状とした点、(う)上半部を、本件登録意匠は薬剤収納室を縦長隅丸長方形下方(1/4程)の左右両下隅を内側に、両側辺台形切り欠き部斜辺とほぼ並行に傾斜させた逆台形状としたもので、その傾斜部のシール部をやや幅広帯状とし、下部シール部(上下収納室の境部シール部)はその傾斜部シール幅の半分程の幅の帯状としたのに対して、甲号意匠の薬液収納室形状を、正方形に近い隅丸長方形状としており、その下方に左右の傾斜辺を構成していないので、下部シール部はその左右側部シール幅の倍強の水平帯状とした点、(え)下半部を、本件登録意匠は、溶解液収納室を略縦長隅丸長方形上方(1/3強程)の左右上隅部を内側に、両側辺台形切り欠き部斜辺と略並行状に傾斜させた台形状とした(薬剤収納袋の下部傾斜角よりやや傾斜角が急)もので、上部左右傾斜部シール部幅を下部シール部幅の倍弱幅(薬剤収納室下方傾斜シール部幅より稍幅狭)の帯状とし、左右側部にシール部がない形状としたのに対して、甲号意匠は、溶解液収納室を略縦長隅丸長方形状とし、上部を上下収納室境部水平帯状シール部、左右側部に細幅のシール部を設けて、周りをシール部で囲んだ形状とした点、(お)本件登録意匠は、正面側上部吊り下げ用小円孔下あたりから中央部までをアルミラミネートシートで覆ったのに対して、甲号意匠にはそのようなシートを設けていない点、が主に認められる。
そこで上記共通点と差異点につき、両意匠の類否判断に及ぼす影響を意匠全体として検討する。
まず、両意匠において共通する前記基本的構成態様の(a)及び(b)の点については、両意匠の属する分野においては通常見られる態様であって、両意匠にのみ限った格別特徴のある態様とは言えず、類否判断に与える影響は小さい。具体的な態様のうち、(c)の上半部の薬剤収納室の周りをシール部とすることも、上部シール部中央に輸液バッグ吊り下げ用の小円孔を穿つために幅広帯状とし、左右側部シール部は細幅帯状とすることも、いずれも輸液バッグの分野においては通常見られる態様であって、この点も類否判断に与える影響は小さく、(d)下半部溶解液収納室は、上半部の薬剤を溶解するために薬剤量より多量の溶解液を必要とすることから、薬剤収納室より縦幅の長い(内容量の大きい)略縦長隅丸長方形状としたまでであり、また、その下部を左右同隅丸形状とし、その左右両側から中央下へなだらかな傾斜状とした態様は、溶解液を中央注出口栓からスムーズに抽出するために傾斜状としたまでであり、このような形状とすることは用途及び機能的要請によるところとも言え、この分野では通常行われているところであり、両意匠に限った特徴とすることもできず、さらに、溶解液収納室の上下部をシールすることも、下部シール部に注出口栓を設け、その周りを補強するためにやや幅広帯状にすることも、溶解液収納室部分を手で押して上下室の隔壁を開通するため上下収納室の境部シール部の内側の細幅シール部を弱シール部とし、その他の部分を薬液が漏れないように強シール部とすることも、注出口栓や弱シール部を併設するために境部シール幅を側部シール部幅よりやや幅広の帯状とすることも、いずれも輸液バッグの分野においては、その機能を効率よく果たすため、形状やシール幅強度において共通する態様になることは避けられないものと認められることから、それぞれがともに両意匠のみの共通する特徴とすることもできず、類否判断に与える影響が大きいとは言い難い。
これに対して差異点は、(あ)の一連の袋部の左右側辺中央稍下寄り部に同形の稍浅い台形状の切り欠き部を設けた点については、両意匠の属する分野においては、上下収納室の境部シール部付近の両脇に半円弧形状や「く」の字形状などの小さな切り欠き形状を設けることは通常行われていることからすれば、この切り欠き形状を設けた点のみでは類否判断に与える影響はさほど大きいものとも言えない。(い)の下辺形状については、中央水平部から左右になだらかな斜辺を形成したか否かの差異であり、その斜辺もなだらかであり、ともに中央水平部、左右の角を隅丸形状にした点では共通することから、その差異はほんの僅かな差異に過ぎないものと言えよう。(う)の薬剤収納室の下方両内側への傾斜形状をその左右側辺台形状切り欠き部斜辺とほぼ平行に形成し、下方形状を逆台形状としたもので、その並行傾斜シール部をやや幅広帯状にした部分及び(え)の溶解液収納室の上方両内側への傾斜形状をその台形状切り欠き部斜辺と略平行状(薬剤収納室の下部傾斜角よりやや傾斜角が急)に形成し、その上方形状を台形状としたもので、その略平行状傾斜シール部を薬剤収納室傾斜シール部幅よりもやや幅広帯状にした部分と、境部シール部とが形成する中央部シール部態様、つまり、概略横倒Y字形状2字を相対抗するように繋いで形成したシール部の態様を、輸液バッグのほぼ中央部分に、全体の縦長さの1/3程を占める部分に表していることからすれば、その態様が全体に与える影響は大きく、特徴を形成しているのに対して、甲号意匠のように薬剤収納室下方、溶解液収納室上方をともに同幅、同形の隅丸コの字状にし、その境部シール部をやや幅広の水平帯状形状のシール部とし、左右側辺のシール部は上下ともに同細幅帯状とした態様は、この分野では従来から知られた形状であることは否定することができず、上述した特徴あるシール部形状を有する形態との差異が類否判断に与える影響は大きく別異の意匠とせざるを得ない。そうすると、上述のように、そのシール部により形成される態様が特に本件登録意匠の特徴を形成しており、さらに、そのシール部を仔細に観ると、その上下の傾斜シール部形状の長さも幅もその傾斜角度も微妙に相違することから、逆に上下に非対称とする、むしろ均衡を保たない微妙な変化を有する形態と言え、類否判断に与える影響は格別大きいと言わざるを得ない。それに加え、(え)の左右側部シール部分を設けていない溶解液収納室側辺と薬剤収納室の左右側辺の細幅シール部との上下態様の変化も上述したシール部に特徴を際だたせる効果を与え全体の構成態様に与える影響はかなり大きく、類否判断判断に与える影響も大きいと言わざるを得ない。
なお、(あ)において左右側片に設けた台形状切り欠き形状については、その形状の周りに特徴がない場合に、その切り欠き形状のみを観たときにはこの物品分野で通常行われている中央部分左右側片に設けられている小さな単なる切り込み形状であると言わざるを得ず、大きな特徴となりにくいものとしたものの、上述したように特徴あるシール部形状を構成する横倒Y字形状の一部を形成する台形切り欠き形状としてみた場合とでは大いに異なり、特徴ある態様を形成する一端を担う特徴の一部を構成しているものと認めざるを得ない。
(お)のアルミラミネートシートの有無は、そのシートそのものが薬剤の変質等を防ぐ薬剤収納室を覆うものであり、輸液バッグの分野においては通常観られるところであって、使用時には剥がしてしまうものであり、その形状も下辺中央に小さな指掛け用の突出半円形状を設け、上半部外形状そのままの極薄シートであることからすれば、特に特徴を見いだすこともできず、類否判断に与える影響はほんの僅かなものにすぎないと言えよう。
そうすると、前述のとおり共通点はこの物品分野において通常観られる態様、あるいはこれら物品分野において機能を効率的等のため通常行われている範疇に入る形態であって、類否判断に影響を与えるものとは評価できず、これに対して両意匠の差異は、本件登録意匠の特徴をよく表すところに係わり両意匠の別異感を看者に強く印象付けており、共通点の類否判断に及ぼす影響を凌駕するに十分で、両意匠は全体として類似するものとすることができない。
以上のように、引用意匠が甲第2号証としての場合については上記の通りであるが、では甲第1号証との対比についてはどうかと言えば、前述したように甲第1号証と甲第2号証とは(請求人はほぼ実質的に同一と言う)中央シール部と上部シール部の縁取り形状が異なっており、その他はほぼ同一に近いのでその縁取り形状等について検討すると、本件登録意匠にはそのような形状は表されていないが、上部シール部を縁取り形状とすることも、中央シール部のシール形状線が重なる形状とすることもこの物品分野では通常行われていることからすれば僅かな差異にすぎず、類否判断に影響を与えるほどの差異とは認められないが、その余の形態は、甲第2号証とほぼ同一に近いことから上述の甲第2号証との判断と同様であり、本件登録意匠と甲第1号証とも類似するものとすることはできない。
なお、請求人は弁駁書を提出して、「プラスチックフィルム製の袋体の製造において、複数のプラスチックフィルムを熱シールした結果生ずるシール線により形成される形態はこの種袋体の製造方法に付随するものであり、意匠的効果は格別のものとは言えない。」と主張するが、確かにシール部形成においてはプラスチックフィルムを熱シールして製造する訳であるが、輸液バッグ全体のうちのどの部分をどの程度の幅に形成するかは事前に、輸液バッグとしての機能、効果を効率よくするため等を検討して企画、あるいは創作して決定しなければならない訳であって、その企画、創作に基づき決定されたシール部分の形状、幅を含む全体の形態を形成するための製造工程を調整した後製造することが通常と察せられることからすれば、確かにシール部を直接形成するのは機械で製造されるものの、製造前にシール部の形状、幅を創作、決定することから、そこに意匠の創作があったものと認められ、請求人の主張は採用することはできない。
4.無効理由2について
請求人は、本件登録意匠は、甲第1号証または甲第2号証に、甲第3号証を組み合わせることにより、当業者なら容易に意匠の創作ができたものであるから、意匠法第3条第2項の規定に該当すると主張するので、以下、検討する。
まず、本件登録意匠、甲第1号証及び甲第2号証の形態は、上記の通りの形態であって、甲第3号証(別紙第3参照)の主な形態は、上端部中央に吊り下げ用の突出片とその右に注入栓、下端部中央に抽出口栓をそれぞれ設け、袋部全体を薄いシート状の略縦長隅丸長方形状とし、周囲を細幅シール部で囲み、中央より上寄りにシール部で上半部に粉末製剤収納室、下半部に液状製剤収納室を区分けして一連に設けた構成の輸液バッグであって、中央上寄りのシール部の左右側片に半円弧状の切り欠き部を設け、吊り下げ突出片の左右角部をやや大きな隅丸状とし、その中央上寄りに吊り下げ用の穴を穿った形状としたもので、「ヒートシールは外力を加えることにより剥離可能に形成されている」ものである。
そこで検討するに、請求人は、甲第1号証または甲第2号証の輸液バッグの形態に、甲第3号証に表された図の粉末製剤(甲第1号証、甲第2号証では薬剤)の容器の中央やや上、両側辺に設けられた半円弧状の切り欠き形状を組み合わせる(半円弧状に切り欠く)ことにより、容易に意匠の創作ができたものと主張するが、まず、その基礎の形態となる甲第1号証及び甲第2号証は、上記の如く本件登録意匠とは類似するものとは言えないから、その類似しない甲第1号証及び甲第2号証の両側辺に本件登録意匠台形状の切り欠き形状と異なる半円弧状に切り欠いた形態を想定しても、そこには本件登録意匠と同様の形態を見いだすことができず、請求人が主張する容易に創作をすることができたものとは認められず、本件登録意匠は意匠法第3条第2項に該当する意匠ともいえない。
以上のとおりであるので、本件登録意匠は、請求人の主張及び提出した証拠によっては、意匠法第3条第1項第3号の規定に該当するにもかかわらず登録されたものとして、また、意匠法第3条第2項の意匠に該当するにもかかわらず登録されたものとして、その登録を無効とすることができない。
よって、結論のとおり審決する。
別掲
審理終結日 2005-01-24 
結審通知日 2005-01-26 
審決日 2005-02-09 
出願番号 意願2000-16728(D2000-16728) 
審決分類 D 1 11・ 113- Y (J7)
最終処分 不成立 
前審関与審査官 生亀 照恵 
特許庁審判長 日比野 香
特許庁審判官 山崎 裕造
杉山 太一
登録日 2001-02-23 
登録番号 意匠登録第1107140号(D1107140) 
代理人 藤本 昇 
代理人 小松 陽一郎 
代理人 岩田 徳哉 
代理人 薬丸 誠一 
代理人 川瀬 幹夫 
代理人 松井 宏記 
代理人 小谷 悦司 
代理人 宇田 浩康 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ