• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 査定不服  1項2号刊行物記載(類似も含む) 取り消して登録 D7
管理番号 1233200 
審判番号 不服2010-17341
総通号数 136 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 意匠審決公報 
発行日 2011-04-28 
種別 拒絶査定不服の審決 
審判請求日 2010-08-03 
確定日 2011-01-27 
意匠に係る物品 テーブル 
事件の表示 意願2008- 29929「テーブル」拒絶査定不服審判事件について、次のとおり審決する。 
結論 原査定を取り消す。 本願の意匠は、登録すべきものとする。
理由 本願は、物品の部分について意匠登録を受けようとする平成20年(2008年)11月21日の意匠登録出願(意匠に係る物品「テーブル」)であり、その意匠は、願書の記載及び願書に添付した図面に記載されたとおりとしたものである(別紙第1参照)。
これに対して、原審は、拒絶の理由について、本願意匠は、その出願前に日本国内又は外国において頒布された刊行物である、日本国特許庁発行(発行日2007年12月3日)の意匠公報記載、意匠登録第1316311号(意匠に係る物品、テーブル。)の意匠(なお、本願意匠と対比の対象となるのは、上記引用意匠のうち、本願意匠の部分意匠として意匠登録を受けようとする部分と対応する部分である。)(別紙第2参照)に類似するものと認められ、意匠法第3条第1項第3号に規定する意匠(先行の公知意匠に類似するため、意匠登録を受けることのできない意匠)に該当し、同条同項の規定により意匠登録をすることができない旨、したものである。
そこで、原審が拒絶の理由において本願意匠が類似するとして引用した意匠(以下、「引用意匠」という。)との類否について検討してみると、意匠に係る物品は、ともに配線カバー部を備えたテーブルであって、同一であり、また、意匠登録を受けようとする部分の用途及び機能並びに意匠登録を受けようとする部分の物品全体に対する位置、大きさ、範囲も、ともにテーブルの天板の四隅の脚との結合部分であり、同一である。
しかし、意匠に係る物品の形状については、主な相違点である(A)各ブラケットを、本願意匠は、天板と脚の間にやや大きな隙間があくように、テーブルの四隅を結ぶ対角線上の方向に、前面が湾曲面状とする角柱を嵌め込み、その角柱につき、脚上面から脚側面にかけて略鉤形状に切り欠き、脚側面との接合部側の下面を、凹湾曲面状にして脚方向へ向け下方へ垂れ下げ、後方のテーブル天板の裏側に取り付けられる天板支持枠との接合部側の下面を、前側に斜面状の段部を形成して、後方へ平坦面状とし、底面視、後方へ向け横幅を拡幅しながら、やや後方寄りで先窄まりとする、左右対称状の略五角形状とし、また、角柱上部に、底面視、脚より後方に、外周が略正方形状で、角柱によって二分される薄板状の天板支持座を設け、その後端が、天板支持枠との接合部として、方形状に下方へ大きく切り落とされ、底部を薄板状としたのに対して、引用意匠は、天板と脚部との隙間を僅かとし、その隙間から後方へと、底面視、脚より後方に、外周が略正方形状の薄板状の天板支持座を設け、その天板支持座上に、テーブルの四隅を結ぶ対角線上の方向に、天板支持座を二分する角柱を設け、その角柱につき、角柱下面を、脚側面との接合部側から天板支持枠との接合部側へと段部の無い一律水平の平坦面状とし、四隅のブラケットのうち、天板支持枠を互いに受けて向き合う角柱同士の、天板支持枠との接合部を、底面視、向き合う側の側辺の中央で、向き合う内側方向へ屈曲して、角柱の後端が天板支持座の外周までとする、左右非対称の略直角二等辺三角形状とした点の相違は、意匠登録を受けようとする部分である天板の四隅の脚との結合部分において、ブラケットが天板と脚部との結合部を端的に表す主要な構成部分で、最も需要者が注意を注ぐ部分にあって、とりわけ、両意匠のブラケットの角柱の下面及び天板支持枠との接合部における形状が大きく異なるものであり、両意匠のブラケットの印象は異なるものというべきで、相違点の相俟って奏する視覚的な効果は、既に共通点を凌駕するものと言え、意匠全体として両意匠に異なる美感を起こさせるものである。
したがって、両意匠は、意匠に係る物品が同一で、意匠登録を受けようとする部分の用途及び機能並びに意匠登録を受けようとする部分の物品全体に対する位置、大きさ、範囲も、同一であるとしても、形状において、相違点が共通点を凌駕し、意匠全体として両意匠に異なる美感を起こさせるものであるから、両意匠は類似しないものである。
以上のとおりであり、両意匠は類似しないものであるから、原審のした拒絶の理由によって本願について拒絶すべきものとすることはできない。
また、他に本願を拒絶すべき理由を発見しない。
よって、結論のとおり審決する。
別掲
審決日 2011-01-14 
出願番号 意願2008-29929(D2008-29929) 
審決分類 D 1 8・ 113- WY (D7)
最終処分 成立 
前審関与審査官 外山 雅暁江塚 尚弘 
特許庁審判長 遠藤 行久
特許庁審判官 市村 節子
杉山 太一
登録日 2011-03-04 
登録番号 意匠登録第1410663号(D1410663) 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社   サービスに関しての問い合わせ