• ポートフォリオ機能


ポートフォリオを新規に作成して保存
既存のポートフォリオに追加保存

  • この表をプリントする
PDF PDFをダウンロード
審決分類 審判 判定  同一・類似 属さない(申立不成立) F2
管理番号 1078140 
判定請求番号 判定2003-60004
総通号数 43 
発行国 日本国特許庁(JP) 
公報種別 意匠判定公報 
発行日 2003-07-25 
種別 判定 
判定請求日 2002-12-27 
確定日 2003-05-30 
意匠に係る物品 マグネットホルダー 
事件の表示 上記当事者間の登録第1126548号の判定請求事件について、次のとおり判定する。 
結論 イ号写真並びにその説明書に示す「マグネットホルダー」の意匠は、登録第1126548号意匠及びこれに類似する意匠の範囲に属しない。
理由 第1.請求人の申立及び理由
請求人は、イ号写真並びにその説明書に示す意匠(以下、「イ号意匠」という。)は、登録第1126548号意匠(以下、「本件登録意匠」という。)の範囲に属するとの判定を求める、と申し立て、その理由として、要旨以下のとおり主張し、甲第1号証ないし甲第20号証を提出した。
本件登録意匠の創作ポイントは、ホルダー本体の裏面の両側に小型のマグネットを設けることを前提としながら、ホルダー本体の裏面側長手方向に直線状の面取り部を形成することにより、容易にホルダーを掲示体から離脱できるように創作した点であり、ホルダー本体の裏面側長手方向に形成された直線状の面取り部は、看者の注意を特に惹く部分である。
ホルダー本体が横長の略長方形状で透明な薄板状の板状体からなり、その裏面の左右両側近傍部分ほぼ対称位置にマグネットを埋め込んでなる構成態様を基調とし、しかもこの態様にホルダー本体裏面の長手方向に沿って直線状の面取り部を形成してなる構成態様は、甲第4号証の意匠マップにあげた公知意匠の中には全く存在しないことから、この種意匠の分野では極めて斬新で特徴あるものと評価でき、本件登録意匠は、基本的構成態様を基調とした上記面取り部の構成態様に創作性があり、かつ看者の注意を喚起せしめる部分であることは明らかで、これが意匠の要部である。
そこで、本件登録意匠とイ号意匠とを対比し、両意匠の類否判断について検討する。
ホルダー本体が透明であることを基調とし、かつ、ホルダー本体が横長の略長方形状の薄板状の板状体からなり、その裏面の左右両側近傍部分ほぼ対称位置に短円柱状のマグネットを固定してなる基本的構成態様の共通点1は、形態全体の骨格をなすものであり、意匠の類否判断に重要な影響を及ぼす。ホルダー本体の裏面長手方向に直線状の面取り部を形成してなる共通点2は、看者の注意を喚起せしめる部分である以上、類否判断を左右する重要な要素である。ホルダー本体の表面側において、裏面側のマグネットに対応する部分にマグネットの径と同一の不透明な円形状部が表れてなる共通点3は、看者をして目玉の如くの共通した印象をもたらす要因になることから、類否判断に影響を与える。左右両側のマグネットの中心間の距離及びマグネットの径の大きさに関する共通点4は、ホルダー本体裏面全体に対するマグネットの露出面が小さいという共通した印象を看者に与え、類否判断を左右するものである。
ホルダー本体の長さ、下辺部を円弧状に形成したか上下辺を平行に形成したか、及び、四隅の丸みの有無についての差異点1は、視覚的には看者に共通した細長で長方形状の印象を与える範囲に止まるものであり、特にイ号意匠のまさに長方形状そのものといえるありふれた形状に看者が着目するとは到底考えられず、特許庁では、ホルダー本体の長短の違いは微細なものと判断しており、そうすると、類否判断に影響を及ぼすものではない。面取り部の形成部位についての差異点2は、面取り部の透明性故にイ号意匠が表面で面取り部と本体水平面との境界線が直線状に表れるのに対し、本件登録意匠は図面上その境界線が表れないという直線の有無程度の極めて微細な差異であり、類否判断を左右しない。ホルダー本体の表面において、マグネットに対応する部分を凹部とし、ラベルを貼付したかマグネットの端面が直接、円形状部として表れるかの差異点3は、円形状部がラベルかマグネットかの材質上の違いであり、円形状で、不透明性及び形成部位を共通としていることからすれば、共通点よりも看者の注意を惹くことはあり得ず、類否判断に影響を及ぼさない。マグネットのホルダー裏面全体に占める比率についての差異点4は、比率の改変に過ぎず、いずれもホルダー本体裏面に対しマグネットの露出面が小さいという共通の印象をもたらすことを前提としている以上、類否判断に与える影響は微細なものである。
以上により、両意匠の共通点は両意匠の類否判断に重大な影響を及ぼし、かつ看者に共通の審美感を与えるものであるのに対し、差異点はいずれも意匠全体からみれば微細な部分的なものに止まるため、差異点が共通点を凌駕することはあり得ず、意匠全体として、イ号意匠は本件登録意匠に類似する。よって、イ号意匠は本件登録意匠の範囲に属する。
第2.被請求人の答弁及び理由
被請求人は、イ号意匠は、登録第1126548号意匠の権利範囲に属しないとの判定を求める、と答弁し、その理由として、要旨以下のとおり主張し、乙第1号証ないし乙第8号証を提出した。
本件登録意匠の創作ポイントにおける意匠の要部についての請求人の主張は、本件登録意匠に係る意匠登録出願の審査及び審判における手続の経緯の中で、請求人が、「透明体からなるホルダー本体の左右両側近傍部分に長手方向中心に対しほぼ対称の位置に凹部を設け、該凹部にマグネットを埋め込み、これに対応する表面部にわずかに凹ました凹部を設けてラベルを貼付した」ことを特徴とすることを強調して主張していることと矛盾する。
請求人の主張する両意匠の共通点及び差異点については、イ号意匠の傾斜面は、請求人が主張するような面取り部ではなく、上下の水平面に比べて極めて広く、一つの面を構成し得るものであり、本件登録意匠の面取り部と共通するものではない。また、両面を使用するイ号意匠と片面のみ使用の本件登録意匠とは明らかに相違し、断面形状が、イ号意匠は略平行四辺形状で、本件登録意匠は略長方形状である相違は、大きな差異点の一つである。そして、請求人が両意匠共通するとした不透明な円形状部については、ラベルとマグネットの露出面は、明らかに質感、美観、使用の目的が相違することから両意匠の共通点ではない。
差異点1については、本件登録意匠が全体として丸みを帯びた印象を与えるのに対し、イ号意匠は、全体として角張ったシャープな印象を与えるものであり、垂直面と傾斜面から構成されてなるイ号意匠は、請求人のいう長方形状の印象を与えるものではない。差異点2については、イ号意匠の断面形状が略平行四辺形であることによるものであり、請求人は両意匠の断面形状の対比を全く行っておらず、断面形状は類否判断に影響を及ぼすものである。差異点3については、本件登録意匠は、意図的にラベルの貼付が行われてなるものであるのに対し、イ号意匠の両面に設けられたマグネットの露出面は、両面において使用し得るための必然的な構成態様であるから、類否判断に影響を及ぼすことは明らかである。そして、ラベルとマグネットの露出面では、これを看取した取引者あるいは需要者においても印象を異にする。差異点4については、マグネットの露出面が小さければ小さいほど、ホルダー本体の透明体の面積は大きくなることからすれば、露出面の比率も類否判断に影響を及ぼす。
明らかに両意匠の相違する点は、本件登録意匠が片面のみの使用を目的として、裏面部にマグネットを埋め込み、表面部に装飾体としてのラベルを設けて構成されているのに対し、イ号意匠は、この種物品の従来品にはない両面を使用し得るように構成されている点にある。また、イ号意匠のように表裏を気にすることなく使用し得ることは使用者にとっての利便性を考えた場合には、それだけで優位性を有するものである。この種の物品については、磁石体の小型化の寄与するところが極めて大きく、イ号意匠の製作においても磁石体の小型化が大きく貢献していることはいうまでもない。
以上のことから、両面使用のイ号意匠と片面使用の本件登録意匠とは明らかにその構成態様が相違するものであり、この種物品の取引者あるいは需要者においても容易に区別して認識し得るものである。
よって、両意匠は類似するものではなく、また、利用関係にもないことから、イ号意匠は本件登録意匠の権利範囲に属するものではない。
第3.当審の判断
1.本件の請求の趣旨
請求人は、判定請求書の請求の趣旨の項において、イ号写真並びにその説明書に示す意匠は、登録第1126548号意匠の範囲に属するとの判定を求める、と申し立てているが、判定請求書の請求の趣旨の項及び請求の理由の項において請求人の述べるところ全体によれば、本件の請求の趣旨は、イ号写真並びにその説明書に示す意匠は、登録第1126548号意匠及びこれに類似する意匠の範囲に属するとの判定を求める、であると認められる。
2.本件登録意匠
本件登録意匠は、意匠登録原簿、願書及び願書に添付の図面の記載によれば、平成9年5月23日に意匠登録出願をし、平成13年9月28日に意匠権の設定の登録がなされた登録第1126548号意匠であり、意匠に係る物品を「マグネットホルダー」とし、その形態を、願書及び願書に添付した図面の記載のとおりとするものである(別紙第1参照)。
3.イ号意匠
イ号意匠は、判定請求書に添付の、イ号写真並びにその説明書により示されたものであり、意匠に係る物品が「マグネットホルダー」と認められ、その形態を、イ号写真に現されたとおりとするものである(別紙第2参照)。
4.本件登録意匠とイ号意匠の対比検討
本件登録意匠とイ号意匠を対比すると、両意匠は、意匠に係る物品が共通し、形態については主として以下の共通点及び差異点がある。
先ず、共通点として、(1)ホルダー本体を、正面視横長の略長方形状で厚みのある板状体としている点、(2)ホルダー本体上下辺それぞれに沿って全長にわたり細幅帯状に表れる、垂直面とした吸着面部に対して鈍角で交わる切り欠き状の傾斜面部を形成している点、(3)ホルダー本体背面側において、左右端近傍の左右対称位置にマグネットを埋め込んで、背面視円形状のマグネット露出部一対を配設している点、(4)マグネット露出部は、上下の各傾斜面部内方に位置し、その径がホルダー本体高さ(上下幅)の半分以下程度の小型のものとしている点、(5)ホルダー本体全体を透明としている点、がある。
一方、差異点として、(イ)ホルダー本体における傾斜面部の形成部位及び切り欠きの程度につき、本件登録意匠は、背面側において上下辺沿いに浅く切り欠いて形成しているのに対して、イ号意匠は、正面側の上辺沿い及び背面側の下辺沿いに深く切り欠いて形成しており、これにより、側面視において、本件登録意匠は、一方の縦辺の上下部が傾斜状の略長方形状であるのに対して、イ号意匠は、略平行四辺形状である点、(ロ)ホルダー本体におけるマグネット露出部の配設部位につき、本件登録意匠は、背面側に配設し、正面側には、背面側のマグネット露出部に対応する部分を浅い凹部として、マグネット露出部と略同径同形状の円形状のラベルを貼付しているのに対して、イ号意匠は、ホルダー本体にマグネットを貫通して埋め込んでおり、背面側のみならず、正面側にもマグネット露出部を配設している点、これにより、(イ)の点と相俟って、本件登録意匠は、背面側のみを吸着面部とした上下逆転使用可能な片面使用のものであるのに対して、イ号意匠は、正背面どちら側でも吸着面部として使用可能な両面使用のものである点、その他に、(ハ)ホルダー本体につき、本件登録意匠は、下辺を僅かに膨出して円弧状に形成し、四隅を丸み付けしているのに対して、イ号意匠は、そのような膨出はなく、四隅も角張っている点、(ニ)イ号意匠は、本件登録意匠よりも、ホルダー本体を横に長いものとし、マグネット露出部の径を小さいものとしている点、がある。
そこで、上記の共通点と差異点について総合的に検討するに、共通点のうち、(1)の点については、ホルダー本体を、横長で厚みのある板状体とすることは、この種物品分野の棒状タイプの従来態様に照らし、格別のことではなく、また、正面視略長方形状とすることも、長方形状自体はありふれた形状に過ぎないことから格別のことではなく、この共通点に係る態様自体は、本件登録意匠のみの特徴といえるほどのものではなく、(2)の点については、吸着面部に対して鈍角で交わる傾斜面部を形成して、ホルダーの取り外し、あるいは、書類の差し込みや抜き取りが容易な態様とすることは、例示するまでもなくこの種物品分野においてありふれた造形手法であり、その上、傾斜面部をホルダー本体の長辺沿いに形成したものも従前に見られることから(例えば、実開平2-111582号公報の第3図及び第4図の傾斜面部。別紙第3)、この共通点に係る態様自体は、本件登録意匠のみの特徴といえるほどのものではなく、(3)の点については、横長のホルダー本体背面側において、左右端、あるいはその近傍の左右対称位置にマグネット露出部一対を配設した態様が従前に見られ(例えば、甲第18号証の実用新案登録第3036865号公報の図1ないし図4、及び、乙第4号証の実用新案登録第3013272号公報の図4のマグネット露出部の配設態様。別紙第4及び別紙第5)、また、マグネット露出部を背面視円形状とした態様についても、この種物品分野において円形状のマグネットを採用することはありふれたことであることを勘案すると、格別のことではなく、この共通点に係る態様自体は、本件登録意匠のみの特徴といえるほどのものではなく、(4)及び(5)の点については、ホルダー本体全体を透明とし、マグネット露出部をホルダー本体より小さな面積のものとして、透明なホルダー本体を通して書類の文字等の読み取り可能な態様とすることは、従前に見られ(例えば、甲第18号証及び乙第4号証の公報。)、また、マグネット露出部を従前のものより小型のものとすることも、小型でも強力なマグネットの出現に起因しており、前記の透明なホルダー本体を通して書類の文字等の読み取り可能な態様とする造形目的を前提として、ホルダー全体における透明区域を広げたに過ぎず、これらの共通点に係る態様自体は、本件登録意匠のみの特徴といえるほどのものではなく、そして、いずれも、それ自体は本件登録意匠のみの特徴といえるほどのものではない、これら共通点に係る態様のみが組み合わさったとしても、当業者であれば組み合わせることに格別の創意は要さず、共通点に係る態様のみの組み合わせ態様をもって、本件登録意匠の特徴を成し形態上の基調を形成するところと直ちに決することはできない。
一方、差異点につき、(イ)及び(ロ)の点については、本件登録意匠の上下逆転使用可能な片面使用のものとした点は、この種物品分野の棒状タイプの従来態様に照らし、格別のことではなく、そうすると、(イ)の差異点に係る、本件登録意匠の傾斜面部の形成部位をホルダー本体背面側において上下辺沿いとした態様自体は、本件登録意匠のみの特徴といえるほどのものではなく、また、(ロ)の差異点に係る、本件登録意匠のホルダー本体正面側には、背面側のマグネット露出部に対応する部分を浅い凹部として、マグネット露出部と略同径同形状の円形状のラベルを貼付した態様は、マグネットを隠すために装飾体をホルダー本体、あるいは、マグネットに装着した態様が従前に見られること(例えば、甲第18号証の公報。)、及び、マグネット露出部に対応する表面側の部分に凹部を形成してマグネット露出部と略同形同大の表面とした装飾体を嵌合した態様が先行意匠に見られること(例えば、実用新案登録第3038769号公報の図1及び図2の装飾体嵌合態様。別紙第6)を総合して判断すると、これ自体は、本件登録意匠のみの特徴といえるほどのものではなく、そうすると、後述するように、(ハ)及び(ニ)の点が類否判断に然したる影響を及ぼさないものであることも勘案すると、本件登録意匠の特徴を成し形態上の基調を形成するところは、共通点及び差異点に係る各態様がいずれもそれ自体は本件登録意匠のみの特徴といえるほどのものではないことから、結局、各共通点に係る態様にさらに(イ)及び(ロ)の各差異点に係る態様が相関連して組み合わさった具体的な組み合わせ態様のまとまりにあるといえる。
以上によれば、イ号意匠は、本件登録意匠の特徴を成し形態上の基調を形成するところの態様の一部において共通するに止まるものであり、一方、イ号意匠の(イ)及び(ロ)の差異点に係る態様は、相俟って正背面どちら側でも吸着面部として使用可能な両面使用のものと成すところであって、この種物品分野の従来態様に照らし、イ号意匠の特徴をよく表すところとなっており、イ号意匠は片面使用の本件登録意匠とは別異のものであると看者に印象付けるに十分なものであり、これらの差異点は、相俟って両意匠の類否判断に決定的ともいえる大きな影響を及ぼすものというほかない。
なお、請求人は、共通点として、ホルダー本体正面側においてマグネットに対応する部分にマグネットの径と同一の不透明な円形状部が表れる点を挙げるが、ホルダー本体正面側におけるマグネットに対応する部分の態様は、両意匠それぞれの造形目的に対応してラベルを貼付したかマグネット露出部を配設したかの形態上の構成に大きく関わる差異を表すところであって、共通する態様とまではいえず、差異点というほかないところである。
また、その他に、(ハ)の点については、ホルダー本体を正面視略長方形状とした両意匠共通する態様の中での差異に過ぎず、(ニ)の点については、ホルダー本体を横長のものとし、マグネット露出部を小型のものとした両意匠共通する態様の中での差異であり、いずれの差異点も、類否判断に然したる影響を及ぼさないものである。
したがって、両意匠の形態についての共通点は、前記のとおり、本件登録意匠の特徴を成し形態上の基調を形成するところの態様の一部に止まるものであるのに対して、差異点については、とりわけ、(イ)及び(ロ)の点は、相俟って両意匠の類否判断に決定的ともいえる大きな影響を及ぼすものであり、他に、類否判断に然したる影響を及ぼさないものではあるが、(ハ)及び(ニ)の点の差異もあり、差異点が共通点を凌駕するものであることは明らかであり、意匠全体として、イ号意匠は、本件登録意匠に類似するものとはいえない。
5.結び
以上のとおりであって、イ号意匠は、本件登録意匠及びこれに類似する意匠の範囲に属さない。
よって、結論のとおり判定する。
別掲
判定日 2003-05-20 
出願番号 意願平9-55484 
審決分類 D 1 2・ 1- ZB (F2)
最終処分 不成立  
前審関与審査官 川崎 芳孝清野 貴雄 
特許庁審判長 遠藤 京子
特許庁審判官 伊藤 晴子
渡邊 久美
登録日 2001-09-28 
登録番号 意匠登録第1126548号(D1126548) 
代理人 藤本 昇 
代理人 岩田 徳哉 
代理人 薬丸 誠一 
代理人 鈴木 ハルミ 
代理人 中谷 寛昭 
代理人 鈴木 活人 
代理人 大中 実 
  • この表をプリントする

プライバシーポリシー   セキュリティーポリシー   運営会社概要   サービスに関しての問い合わせ